Learning Cabinet

私たち、ラーニングキャビネットは

●「育成ニーズ」と「学習ニーズ」の一致を目指した社会人向け学習プログラムや研修教材を提供し続けます
進行中のニーズ例:「持ち味の発揮、弱点の克服」「職場のコミュニケーションスキル改善」「全員で発揮するリーダーシップ」「チーム内、チーム間で共有する情報の発見と実践」

●繰り返し学びたくなる学習プログラムの開発を目指しています
事前学習・集合セッション・フォローインタビューを通して、参加者の言動の変化などから学習効果を予測し、繰り返し学び続ける「セルフマネージメント」や「学習する組織づくり」を支援できるプログラムへの改善を重ねています。

●「内製化可能なプログラム」「効果性が高い教材の活用事例」を開示・提供します
各種導入事例で実際に利用されたオリジナル資料は「内製化の支援教材」 「資格者向け資料」として、開示・提供させていただいています。効果性の高さは、リピート率や言動の変化から判断しています。
お互いの学習プログラムの発展のために、情報共有が可能な方はご連絡ください。

集合プログラム


個人向けプログラム


その他


DiSC関連


個人向けプログラムの特徴

個人向けプログラムは、電話によるコーチングとインターネットを利用した自己分析ツール(DiSC® Classicなど)で進行します。
電話コーチングでは、教材の使い方・分析結果の解釈の仕方・活用方法などを認定資格者がご案内させていただきます。
プログラムによっては、「目標」「現状」「ギャップ」「行動」などを質問をさせていただく場合があります。無理に答えようとはせず、自然に応答して下さい。あなたが望まないコミュニケーションは、このプログラムには不要です。また、セッション内容が外に漏れる心配がないよう、国際コーチ連盟等の正規資格を有し1,000時間以上の経験を持つ、ベテランのビジネスコーチと2人3脚で学習するスタイルでご提供いたします。
※ DiSC理論は、1920年代に心理学者ウィリアム・M・マーストン博士により提唱され、その理論に基づく自己分析ツール「DiSC® Classic」はInscape Publishing社がコピーライトを保持しています。



集合プログラムの特徴

集合プログラムは、「知識」「意識」「スキル」を「習慣化」できるまでサポート することをゴールと考え、開発しています。

2012年~2013年の間に各企業様へご導入いただいた学習プログラムを中心に、人材育成の参考になる情報をご提供いたします。
教育の内製化をお考えの場合には、研修教材などをご提供することが可能なプログラムもございますので、お気軽にお問い合わせください。



DiSCモデルの特徴

私たちの研修で活用しているDiSCモデルは、行動特性を知るための分析であり、あなたがすでに周囲の人から認識されている行動の特性を「4つの行動特性の強弱」や「15の典型的プロフィールパターン」として提供します。周囲の人に認識されている「行動」にフォーカスしていることがDiSCモデルの特徴の一つです。

行動にフォーカスすると、その人の動機や欲求が見えてきます。例えば、ペースが速くおしゃべりで、いつもエンジョイしようとしているように見える人は、人の輪の中心にいたいという欲求を持ち、拒絶され、阻害されること恐れていると予測できます。
動機や欲求が予測できれば、現在抱えているストレスや不安を軽減し、望む環境に導く効果的なアプローチスタイルを発見できます。

DiSCモデルが世界中のビジネスシーンにおいて高い利用実績を持っている理由の一つに、シンプルで解りやすいという点が挙げられます。自分の特性を元に、D・i・S・Cというたった4つの特性を学び、その4つの文字を共通言語化するだけで、部下対応・顧客対応・社内報連相など、組織内外の人間関係に効果を発揮しています。


パートナー企業・団体